セラピストについて

画像の説明長澤 幸恵(ながさわ ゆきえ)1983年・2月生まれ

ご縁をいただきまして、誠にありがとうございます。

ナースなセラピスト。

■ 経歴 : 生まれも育ちも埼玉です。
看護師→セラピスト、イーシャ・ラーナー女史公認インナーチャイルドカードティーチャー&プラクティショナー

■ 家族 : 4人 主人と子供(長女:小4, 長男:小1)

■ 性格 : 温厚、だいぶ涙もろい。
ドラマや映画をみると感情移入しすぎて泣いてます。
なぜか・・・中学の時に雨でずぶ濡れのヤギに
飼い主が来るまで傘をさしていました。

■ 趣味 : 読書、動物全般好き
小さい頃から犬を飼っていたので、また飼いたいと思っています。

■ 好きなマンガ : ガラスの仮面
早く続きが読みたいです!

■ 今までの道のり
母が看護師だったことや中学3年生の時に交通事故にあった経験から
(骨折程度でよかった。)看護師になり3年目に結婚し長女を出産。
長女は帝王切開で出産後身体が小さくて1ヶ月入院していました。
その後の検査で遺伝子異常(ターナー症候群)がわかったことも大きく影響を受けました。

育児休暇中に子供の頃、母がいない寂しかった思いが溢れてきて仕方なくなり、
「私は子どもと一緒にいたい」「寂しい」という思いを癒したいと思い、
インナーチャイルドヒーリングを学び、
直感を養えるインナーチャイルドカードも学び始めました。

その後、復職したものの長女を預けて働くことに、だんだん抵抗を感じはじめました。
復職して2年で長男の妊娠、出産を通して、
自分が母親としての役割を果たしていない様な気持ちになりました。

朝はご飯と一緒に子どもを両親に預けて仕事に行き、帰る頃には子どもは寝ている。
ストレスからどうしてもイライラして子どもに当たってしまう。
夜の歯軋りも凄かった。

なにか家でできる仕事を通して、子どもとの時間を作りたい、
子どもが帰ってくる時間は家にいて笑顔で迎えたい。
そう思い長男の産休を早めにあけて3月まで働き病院を退職しました。

家での仕事は本当の気持ちが現れ、たくさんお話ができる仕事がいい、
これは看護師の時に記録に追われず、患者さんともっと話をしたいと思っていたからです。

色々な方と出会い、見聞を広げたい。
様々な価値観を知りたい。

そして、医療とは違ったアプローチで健康面にも関わりたい。

そう思いレイキや様々なヒーリングを学びました。

今は
「簡単」「幸せ」「楽しい」は意外と簡単をモットーに活動しています。

■ 大好きな言葉や信念

高校の時は弓道部でした。

真善美

真とは、「誠」、正しいこと。真理
善とは、「正義の 探求」「愛情」良いこと。道理
美とは、「調和」美しいこと。 優美

人は一人では幸せになれない、だからこそみんなで助け合って生きていく。

今の自分ができることに120%で取り組む。

■ 連絡先 : 連絡先は、yukie.hanature@gmail.comです。
セッションやレッスンはお気軽にご連絡をいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

画像の説明

イーシャラーナー女史公認

  •  インナーチャイルドカードティーチャー&プラクティショナー

hanaセラピー認定 インナーチャイルドカードセラピスト

八ヶ岳セラピールーム 淡路 紀世子さん

金のうさぎセラピールーム認定 レイキティーチャー

Angel Heart Love 四つ葉のクローバー ATP(R) Junko Saitoさん認定 

  •  Miracle Fairy Specialist
  •  Angel Helper

斎藤 洋子さん

  •  時空礎調整講座受講中
  •  げーしーさん認定 施術者
  •  リューゼン、流奏講座受講

日本ヒーリングアート協会 ~ここ・はぴぃ~ 認定